Android CTS

提供: KiyomiWiki
移動: 案内検索

CTS環境構築

1.Ubuntu 12.04インストール

①ISOイメージのダウンロード or ファイルを準備
②VurtualBoxで仮想環境構築


2.Java JDK インストール

JDK6 (Android 4.4で使用)
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/java-archive-downloads-javase6-419409.html
$ chmod a+x jdk-6u45-linux-x64.bin
$ ./jdk-6u45-linux-x64.bin
$ sudo mkdir -p /usr/lib/jvm
$ sudo mv jdk1.6.0_45 /usr/lib/jvm/
JDK7 (Android 5.0で使用)
$ sudo apt-get install openjdk-7-jdk
JDKの切り替え:Androidのバージョンに合わせて使用する。)
$ wget http://webupd8.googlecode.com/files/update-java-0.5b 
$ chmod +x update-java-0.5b
$ sudo ./update-java-0.5b


3.Android-SDK

①GoogleのホームページよりSDK Tools Onlyをダウンロード
  https://developer.android.com/sdk/index.html#Other
②ファイルを解凍
  解凍したandroid-sdk-linuxのフォルダを$HOMEに移動します。


4.Android SDK Platform-toolsのインストール

①Android SDK Managerの起動
  $ cd $HOME/android-sdk-linux/tools
  $ ./android
②Android SDK Platform-toolsのインストール
  PackagesのTools-Android SDK Platform-toolsにチェックを入れます
  Android x.xx(APIxx)はチェックを外します。
  [install xx packages..]をクリックしてインストールします。


5.adbが32bit版の場合があるので、次のパッケージをインストールします。

$ sudo apt-get install ia32-libs


6.ADB Deviceの登録 Google(NEXUS5)の場合

"/etc/udev/rules.d/51-android.rules" のファイルに次の行を記述します。
SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="18d1", MODE="0666", GROUP="myname"

idVenderは、Linuxに接続したAndroid端末のUSBのVender IDです。
GROUP="myname"は、何でもよい。

7.ADB接続の確認

Android-sdkのPATHの追加

$ vi .bashrc
  export PATH=$PATH:$HOME/android-sdk-linux/platform-tools

ADBデバイスのリスト表示

$ adb devices

ADBデバイスへ接続

$ adb shell


8.Android CTSをダウンロードします。(Nexus5の場合)

Android 4.4 R3 Compatibility Test Suite (CTS) - ARM を選択してダウンロードします。
http://source.android.com/compatibility/downloads.html
ファイルを解凍します。


9.Android端末の設定

1) Settings > Backup & reset > Factory data reset
   [設定]-[バックアップとリセット]-[データの初期化] を選択しタブレットをリセットします。
2) Settings > Language & input > Language [English (United States)]
3) Settings > Location ( Location ON)
4) Settings > Wi-Fi (connect Wi-Fi)
5) Settings > Security > Screen lock = 'None'
6) Settings > Developer options > USB debugging.
7) Settings > Developer options > Stay Awake
8) Settings > Developer options > Allow mock locations
9) Connect the desktop machine that will be used to test the device with a USB cable
10) Install and configure helper apps on the device.
 - adb install -r android-cts/repository/testcases/CtsDeviceAdmin.apk
 - Settings > Security > Select device administrators.
   enable only the two android.deviceadmin.cts.CtsDeviceAdminReceiver* 
11) CTS Media 1.1をダウンロードします。
  http://source.android.com/compatibility/downloads.html
  ファイルを解凍します。
  Android端末にファイルを転送します。
  $ cd android-cts-media-1.1
  $ ./copy_media.sh


10.CTSの実行

$ ./android-cts/tools/cts-tradefed
cts-tf > run cts --plan CTS
※実行メッセージまでに時間がかかるので、少し辛抱して待ちまよう。
また、すべて実行が終わるまでに数時間かかります。
テスト結果は、次のフォルダに保存されます。
./android-cts/repository/result/年月日_時分秒/testResult.xml
./android-cts/repository/logs/年月日_時分秒/device_logcat_xxxxxxxx.zip
./android-cts/repository/logs/年月日_時分秒/host_log_xxxxxxxx.zip
参考:4.4と5.0は共存できないので次のようにフォルダ名を変更しておきます。
$ mv android-cts/ android-cts-4.4   --- 4.4用のCTSの場合
$ mv android-cts/ android-cts-5.0   --- 5.0用のCTSの場合
ctsを実行する場合は、android-cts-x.x をandroid-ctsに変更します。
また、JDKもAndroidのバージョンに合わせて変更します。
$ sudo ./update-java-0.5b


11.CTSのテストプランの個別パッケージの実行

例:android.netのみ実行(10分程度で完了します。)
$ cd $HOME
$ ./android-cts/tools/cts-tradefed
  cts-tf > run cts -p android.net


12.その他コマンド

$ cd $HOME
$ ./android-cts/tools/cts-tradefed
> list plans    --- プランのリスト表示
> list packages --- CTSのパッケージリストの表示