Yocto BeagleBone Black

提供: KiyomiWiki
移動: 案内検索

概要

Beaglebone BlackにYocto Projectを作成手順についてのメモです。 バーションについては以下を参照。 https://wiki.yoctoproject.org/wiki/Releases

必要なソフトのインストール(Ubuntu の場合)

$ sudo apt-get install gawk wget git-core diffstat unzip texinfo gcc-multilib  build-essential chrpath socat libsdl1.2-dev xterm vim

ソースコードの取得 (YP Jethro2.0)

  • Poky をダウンロード
$ mkdir yocto_BBB
$ cd yocto_BBB
$ git clone -b jethro git://git.yoctoproject.org/poky.git

ビルドの設定

  • oe-init-build-env の読み込み
$ source ./poky/oe-init-build-env
  • ビルドターゲットの指定

conf/local.conf に次の行のように変更します。(先頭の#を削除します。)

- #MACHINE ?= "beaglebone"
+ MACHINE ?= "beaglebone"

ビルドの実行

$ bitbake core-image-base

tmp/deploy/images/beaglebone 配下にビルドして出来たイメージが格納される。


イメージの書き込み

  • SD Card Format
$ sudo fdisk /dev/sdc
  デバイス ブート      始点        終点     ブロック   Id  システム
  /dev/sdc1   *        8192       90111       40960    c  W95 FAT32 (LBA)
  /dev/sdc2           90112      262143       86016   83  Linux
$ sudo mkfs.vfat -n "boot" /dev/sdc1
$ sudo mkfs.ext4 -L "rootfs" /dev/sdc2
  • 最初のパーティション(boot)のflagを"boot”に設定
$ sudo apt-get install gparted
$ sudo gparted /dev/sdc

bootパーティションのflagの"boot"にチェックを入れます。
  • 書き込みの実行
$ cd ~/yocto/build/tmp/deploy/images/beaglebone
$ cp MLO-beaglebone /media/${USER}/boot/MLO
$ cp u-boot-beaglebone.img /media/${USER}/boot/u-boot.img
$ sudo tar -xvf core-image-base-beaglebone.tar.bz2 -C /media/${USER}/rootfs/

参考

Beaglebone bkackにシリアルコンソールを接続する場合、ボーレートは、115200に設定してください。